All posts in 知的生活

お奨めの映画があります!

img_2688

皆様は、この映画「THRIVE」をご存じでしょうか?
世界的企業の「P&G」の子息が、自分の人生を賭して作製したドキュメンタリー系の映画です。
今、貴方がどのような事業に取り組んでいようが、どのような仕事をしていようが、どのような教育をや訓練を受けていようが・・・一度、わずか2時間をこの映画を観て理解することに注ぐことを心からお奨めします。
僕自身が30年以上考え積み上げてきたことと、あまりにも一致するので、ある意味驚きました。
30年間、周囲の大切な友人、知人に話し続けてきましたが、簡単には受け容れてもらえません。それほど、皆、仕組まれた恐怖や不安で心を閉ざしているように感じ落胆してきました。
世俗からリタイヤし「世捨て人」になる道を選ぼうと思い始めていた今になって、このように分かりやすく解説された映像があったことを知り、どうしても大切な人達に伝えたい衝動を抑えられません。
企業戦士たちが、仕組まれたグローバリズムという名の「悪しき作戦」に利用されているのを、メディアのあらゆる場面で見聞するにつけて、
「このまま、大切なものを棄て続けることはできない」
「このままでは、取り返しのつかないことになる」
という思いでいっぱいです・・・
御覧になられて、心に響く何かがあれば、どうぞ多くの知人にシェアしてくださいねm(_ _)m
この2時間は、貴方の人生観をどのような形であれ変える!ことだけは保証します(*^_^*)
<THRIVE>
http://www.thrivemovement.com/the_movie
サイトの左上から言語で日本語を選べます。
登録するだけで、2時間全編を無料で観れます。
もちろんDVDの購入もできます

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら

大阪弁でiphoneキッチリ言うたろか!

img_2688

僕は河内の八尾市に35年住んでました。
河内弁の申し子です。
このサイトは面白い!
そして、iphoneは偉い!

これをクリックしてみて・・・(^o^)

→今すぐ映画を視聴するにはこちら

「損か得か?」を遠ざける

<診察室>兼<書斎>で相田みつをさんの「日めくり」を毎日愛でています。
毎月25日の書が
「損か得か、人間のものさし」
「嘘か誠か、仏さまのものさし」
僕の好きな言葉です。
「損か得か?」に頭を巡らしているな・・・と気づいたときには自分が、とても不細工で嫌な感情であることが分かります。
好ましくないので、気づいたときには、
すぐに遠ざけることにしています。
引き寄せは「感情」が起こします。
好ましい感情でいる状態をキープしたい・・・
楽しく「人生ゲーム」を遊びたい・・・
好ましく、望ましい結果をイメージして、ワクワクした感情に「引き寄せられた人生」を楽しみたいですね。

<創造は善でも悪でもない。それはあるがままにある。ものごとを自分の角度から眺め、自分の利益に沿うように解釈し、そのうえにあらゆる類の説明を押しつけるのは人間の心なのだ> ラマナ・マハリシ

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら

顕現している世界は色の重なり

img_2688

プンジャジの教えから、グルのラマナ・マハリシの教えに遡り、自分自身の自我から。あるインスピレーションが湧いたので、ここに記しておきます。

僕は、哲学から量子力学まで知識の横断が好きな困った性分で、色々なジャンルの本から知識を得てきました。
素粒子には同一のスペースに重なって存在できない性質のものと、同一のスペースに重なって存在できる性質のものがあります。後者の重なりが自由な素粒子は、「色」や「音」に例えることができそうです。
すなわち、色を重ねる、音を重ねる、です。
賢者の教えから
自我は「私」という想念からはじまり、「時間」という想念を生みだし、その後は世界全体を顕現させると知りました。

顕現しているものは「想念」をもつともいえるし、想念ゆえに「顕現」しているともいえます。
自らの想念すなわち「自我」を通じてしか世界を認知しない。
おおよそ素粒子の振動と揺らぎでしかない物質には、エネルギーの濃淡はあれども、境界は存在しない。
境界すなわち「自他」を区別する意識こそ「自我」であり、独立して周囲と溶け合っていない、境界が明らかなものを物質とよび、「顕現」として感じているとするなら、顕現している物質には「自我」が存在していることになる。
この世界は、物質がもつ「自我」の想念の折り重なりといえる。

想念と想念は、あたかも色を重ねるごとく同一の「スペース」に配合色ともいえる状態を作っている。
この配合色がそれぞれの自我を通して顕現の映像として認知されているのではないだろうか?
色々の物資、すなわち分裂した「自我」の想念、色のように重なった「配合色」の状態を「場」と呼んでもいいと思います。

分裂した自我はそれぞれの想念から「場」を認知しているので、自我の数だけ、異なった「場の認知」のしかたがあると思える。
この「場の認知」を世界観と呼んでもよい。

色は「振動」「ゆらぎ」であるので、想念の数だけ「ゆらぎ」の数があり、それが同じ「場」に重なっているだけなのではないか・・・

時空は存在しない、「動く空間」はなく、「流れる時間」もない。
ただ想念が「場」に重なった色や音のように「ゆらいでいる」。
「ゆらぎ」という想念がなければ顕現もなく、自我もなく、
当然、時空すらない
ただ、不変の
「真我」が「ある」だけになる。

僕の書いたこの文章の「想念」「色」「音」に、
読者の貴方の「想念」「色」「音」を重ねた
極彩色と和音に満ちた
「場」を
僕は、僕の世界と認知し
貴方は、貴方の世界と認知している。
僕と貴方は、色を見る「フィルター」が異なり、
音をとらえる「マイク」が異なる。
分裂した自我にとって、世界は同一ではあり得ない。

量子力学で「観測」という行為がなければ、物質の状態は「不確定」できまっていないことと、
最近では素粒子を「色荷」としてとらえる「量子色力学」研究が進められていることなど、
上記の「想念」の重なりが観測者によって、異なった色や音に感じることに
共通性があると考えます。

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら

プンジャジの教え

img_2688

沢山の本を読みましたが
今、読んでいる「覚醒の炎:プンジャジの教え」は、他のどの本とも比べることができません。

生涯、これほど心の安らぎを感じたことはありません。

自由を求める心がなければ読めません。無理に文字を追いかけて読んでも読めないと思います・・・
<お化け屋敷の設計・企画に飽き飽きしてスピリチュアルを引退した凡人>
の心境になった、今だからこそ、読めるのだと思いました。
決して、皆さんにお勧めすることもしません。

「あなたはすでに「それ」なのだ。
修練をして真我になるのではない。修練をすることは自我でしかない。努力を棄てなさい。
あるがままに在りなさい。一つの想念も起こさずに、ただ静かにしていなさい。
そうすれば、世界の現れも真理の探究もすべては自分の心の投影でしかなく、束縛も、解脱も、解脱を求める人も存在しないという究極の真理にあなたは目覚めるだろう。」
シェリー H・W・L・プンジャジ

<「I」(私)をなくす>

<あなたは静寂そのもの>

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら

「不安」も「不満」も自分で創った妖怪

先日、退職したスタッフに、僕から手紙を書きました。
人生に迷っている若者です。

僕は20代から、宗教・哲学・スピリチュアルを随分、勉強して実践もしてきました。
四国八十八霊場のお遍路さんもしました
御嶽山で修験道の修行もしました
スピリチュアル関係の本を1000冊以上読みました

自分探しなど、必要ありませんでした・・・
豊かさも幸福も「自分の中」にありました。
平和と静寂も
過去にも未来にもありませんでした
「今、ここ」に存在して感じられることが「豊かさ」と「幸福」と気づくことができました。
enlightment:気づき
は、当然、静かにおとずれました。
そして、たどり着いたのが、以下の手紙の「境地」でした・・・

img_2688

<迷いのなかで、苦しんでいる貴方へ>
人生はゲームのようなものです。
過去の体験も記憶も、既に自分から吐き出されて役に立たない「ウンコ」のようなものです。
未来への目的意識も不満をうみだす「ウンコ」のようなものです。
不安とか不満
というものは、実存しないものです。
自分の心の中で作り上げた、単なる「イメージ」と「言葉遊び」です。

この世界は自分自身で設計・企画した「お化け屋敷」のようなものです。
自分自身で想像の「妖怪」をイメージして不安になっているだけです。
心を鎮めれば、「妖怪」は自分で作り出しているだけと気づきます。
要するに、自分で設計・企画した「お化け屋敷」の作り物の「妖怪」に本気で驚いてしまっているだけです。
作り物と気づけば、自分自身は何も変わっていないし、傷つきさえしていません。

「今、ここ」にある静寂と満足に気づくことができないなら、生涯、幸せとか満足を知ることができません。

未来にかかげる「目標」は、それが「今、ここ」には無いことを認めてあがいているだけです。
無いことを認めた瞬間に「不満」が出来上がります。
未来に目標を持つ限り、永遠に「今、ここ」に集中することはできません。
未来に目を向ける行為そのものが「満たされていない」「未だ叶っていない」ことを認め、それがすなわち「不満足」を生みだします。
全ての幸福も豊かさも「今、この瞬間」に感じることしかできません。
過去にも未来にも、存在しません。
過去も未来も「言語ゲーム」であり「想像:イメージ」という架空のものでしかないのです。
「実存」しているのは「今、ここ」だけです。
貴方は過去の「あそこ」にもいないし、未来の「あの場所」にもいません。
貴方は「今、ここ」に存在しているだけです。
貴方の幸福と豊かさと平和と安心は、「今、ここ」で感じることしかできないことに気づいて下さい。
過去と呼ばれるものも、未来と呼ばれるものも「今・ここ」が「言語ゲーム」で登録されただけもものです。
今までも「今・ここ」でしたし、これからも「今・ここ」しかありません。
貴方は「今・ここ」以外に存在することはできません。

幸せも豊かさも
「物質」「お金」「外的環境」
の中にはありません。
自分自身が「今・ここ」で感じるものです。
「形」や「形式」や「スタイル」の中には、幸せも豊かさも存在しません。
自分のイメージを、それらに投映しているだけです。
感じるということは、「今・ここ」の存在にしか在りません。

人生に目的も意義もありません。
ただのゲームです。
法則に従って、ルールはありますが、
ゲームの展開とストーリーを楽しめば良いのです。

宗教はただの「ファンクラブ」です。
キリスト・ファンクラブ
アラー・ファンクラブ
エホバ・ファンクラブ
仏陀・ファンクラブ
です。
SMAPやAKB48のファンクラブと何ら変わりません。
自分で勝手にイメージを膨らませて、その中に幸せや豊かさがあると思い込んでいるだけです。
いかなる宗教にも参加する必要はありません。
そこに幸福も豊かさも存在しません。

今、貴方は自分が「傷ついている」と感じているかも知れません。
しかし、貴方は、貴方であり、何も変わっていませんし、傷つくこともありません。

貴方は、豊かさを感じるのには「条件」が整わなければいけないと信じこまされています。
毎日、TVや雑誌で垂れ流されている「欠乏感」と「物質」や「外的環境」による「偽物の充実感」に心を迷わされて、自分の豊かさにも「条件」が必要と信じこんでいます。

貴方が豊かさとか幸福を感じるのに「条件」は不要です。
「今、この瞬間」に存在そのももの絶対的平和と静寂を感じられなければ、今後も感じることができません。

誰か寄り添ってくれる人が、
お金が、
欲しい物が、
不動産が・・・あれば?
貴方は、自分の豊かさに「条件」をつけますが、それらの「条件」が整っても豊かではないことは、世界のあらゆる場面で証明されています。

「・・・が無ければ幸せではない」という条件付けは、貴方が勝手に思い込んでいる「イメージ」でしかありません。
幸せも豊かさも「無条件」で感じられることです。

貴方を幸福にできるのは「貴方の感じ方」だけです

<迷いのなかで、苦しんでいる貴方へ>はなむけのメッセージとして、
「エックハルト・トール」の言葉

「ガンガジ」の言葉

贈ります。
心を鎮めて、視聴してみて下さい。

貴方の人生に、何かヒントになれば幸いです。
 <お化け屋敷の設計・企画に飽き飽きしてスピリチュアルを引退した凡人>より

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら

雪の高野山へ・・・(前編)

img_2688

2011年の締めくくりに、
雪の高野山へ出かけました。
親友の志水君と2人旅です。
学生の頃には、このコンビで四国霊場八十八寺の巡礼もしました。
巡礼の締めくくりも高野山でした。

芦屋を朝に出発して、まずは高野山の麓の橋本市にある
「木間暮」という、本格石窯のピザを楽しめるオープンカフェに立ち寄りました。
橋本市内から、2m幅の山道をクネクネ数キロ・・・
軽自動車の対向も不可能な小径です。
ムーミンで崖下転落寸前・・・インディジョーンズ並みの秘境ドライブでした・・・(笑)
下界を見下ろしながら
囲炉裏をかこんで、マスターの手作りピザのコースを楽しみました。
リフレッシュした後は、一路、高野山を目指すはずでしたが、
にわかに、風が強くなってきて、雪雲がモクモクと・・・(後編へ)

img_2688

img_2688

img_2688

img_2688

img_2688

img_2688

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら

雪の高野山へ・・・(後編)

img_2688

麓の橋本市で観光協会に問い合わせたところ
高野山は積雪30cm以上で路面は完全凍結の情報でした。
ノーマルタイヤのムーミンでの強行は諦めて、橋本駅前に駐車し、電車とケーブルを乗り継いで登りました。

img_2688

宿坊は一条院を選びました。
高級旅館並みの素晴らしいお寺です。
ただし、暖房の効いている部屋以外は、マイナス三度・・・
吐く息がどこまでも白く拡がります。
精進料理はボリュームたっぷりのフルコース
夕食後に壇場伽藍まで、雪のなかを散歩へ

img_2688

ライトアップされた根本大塔は、さすが世界遺産だけのことはあります。
「自ずから」「然るべく」「あるがまま」
すべての現象は「中立」・・・意味づけしているのは自分自身の「心のあり方」と知らされました。
就寝前には、般若心経の
写経をしながら、「自由自在」の意味をかみしめました。

img_2688

翌朝は、幻想的な雪景色のなかを、一時間半を掛けて「奥の院」へ
お地蔵様も鼻から「氷のつらら」が・・・
奥の院の霊廟には現在も空海が禅定を続けているとされています。
維那(ゆいな)と呼ばれる仕侍僧が衣服と二時の食事を給仕していますが、今回、偶然に維那(ゆいな)の一行と境内で出会うという御縁を頂きました。
清々しい気持ちで締めくくることができて至福の1年になりました。

自由自在に豊かな心で生きる・・・
来年が楽しみです。

img_2688

img_2688

img_2688

img_2688

img_2688

img_2688

img_2688

img_2688

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら

<器がいっぱい・・・>

僕は日記をつけていますが、一昨年から10年連用にかえました。
時々、散文を書き込んでいます。
ふと見ると
昨年の同日に、こんな散文を書いていました、
<人間の心の器>についてです。
今も変わらない、自分の真意を得ているなぁ~と
懐かしく思いました。

<器がいっぱい・・・>

これ以上は入らないかな・・・?
自然に減るのを待つかい?
軽くなってから、入れようか

すぐに捨ててしまうかい?
新しいものを入れたいなら、
何かを捨てないとね

でも入れる必要のないもののために
古くて馴染みのあるものを捨てることもないよね
入れる必要のあるものって何だろう?

格好の良い器にほんの少し入っているのも
素敵だろうね
器が大切かな・・・

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら

思考エネルギーについて

ご無沙汰しておりました。
おかげさまで、夏の間は、読書三昧の日々を、楽しませていただきました。

僕は、30代の頃から、
55歳になったら、隠遁して、思索にふける毎日を送りたい・・・
と、考えていました。
まだ4年ありますが、「移行期」と考えて、
51歳までの、思索で得られた、「卞の仮説」を、
時折、コラムアップさせていただきます。

最初のテーマは
「思考エネルギー」についての「卞の仮説」です。

思考は、光と同様に<波>の性質と、<粒子>にあたる言語イメージに変換される性質を持っていると考えます。

仮説1
「思考エネルギーは、物質や、化学エネルギーには変換されにくい、
<言語><命題>の形態に変換されやすい」

すなわち、言語的に命題をつくることは、思考エネルギーの顕化
と、考えたい。
物質化されにくいので、サティア・サイババのように、空間から思考で物質を直接に生みだすことはできない。あれは、単なるマジック
<はじめに言葉(光)ありき>は、<はじめに思考エネルギーありき>と、読み替えられる。

仮説2
「思考エネルギーは、<時空>を曲げる作用があり、その力は、質量が重力を生みだすのと同じ様式だが、むしろ強力である」

すなわち、思考エネルギーは、時空を曲げる作用が強く、この作用が、成功理論で取りざたされている<引き寄せの法則>なるものの、理論的裏付けになる。

仮説3
「思考エネルギーは、、他のエネルギー形態と異なり<情報伝達としての独自の時空>を有しており、その時空を自在に曲げることにより、瞬時に伝わる」

すなわち、テレパシーは、独自の時空を曲げて情報が伝達されたものと考えられる。思考エネルギーで満たされている独自の空間こそ、宇宙の本質そのものだと考えます。

仮説4
「物質の存在には、思考エネルギーが関与している」

すなわち、思考エネルギーは、量子力学でいうところの、「対称性の破れ」などを通じて、物質の存在そのものに、影響を及ぼしている。
素粒子のふるまいに、思考が関与して、物質化するのではないか

仮説5
「思考エネルギーは、物質の中に取り込まれる」

質量でもなく、化学エネルギーでもなく、単に<情報:思考そのもの>と呼べるエネルギー形態で、物質に取り込まれる様式が存在していると考えられる。
すなわち、<気合い>は本当に物質に入り込むことが出来る。
と考えています。霊的現象も、思考エネルギーが現存の物質に取り込まれている状態だと考えます。すなわち「形見」には死者の思考が取り込まれている。

仮説6
「思考エネルギーで満たされているが、物質化されてずに揺れのない状態を<無>と呼んでいる」

<無>とか<空>は、何もない状態ではなく、逆に満たされているが、全くバランスが崩れておらず、「対称性の破れ」もないため、物質化・顕化されていない状態を指すものと考えています。

以上が、現時点での、<思考エネルギー>に関する、僕の仮説です。
今後、生涯をかけて、じっくりと、深めて行きたいと思います。

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら