Archive for 6月, 2012

W113とR107:2台のベンツSLクラス

img_2688

ムーミン君(W109 300SEL6.3)が点検整備に行っている間に、シルバースターさんから、代車のR107:380SLが駐車してあります。
SLクラスですから、ニコレイ君(W113 250SL)の後継車です。

2台を比較してみました。

img_2688

img_2688

img_2688

img_2688

img_2688

ニコレイ君」W113はいわゆる「縦目」です。
リアのトランク周りの作りも、微妙な「フィン」のような造形と鏡のように輝くバンパーがたまりませんが、R107では単純な、面白みのないラインに、味気のないラバーを貼り付けたバンパーです。
内装のインパネ周りも、W113はクロムメッキで「手作り感」に満ちていますが、R107は他のベンツと区別が付かない共有部品とウレタンでできていて、「そそる」ものを感じません。

1967年式のニコレイ君は、まだ、エンジニア達が、車作りに本気の本気でかかっていた、名残りのある名車だと、あらためて、感じました。
ということで、
僕はニコレイ君が大好きです。

皆さんは、どちらが好みでしょうか・・・?

img_2688

img_2688

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら

我が家の「天才君」・・・親バカもここにいたれり!

img_2688

次男の陽介君は今年6才になったところです。
過去にも何度か紹介(自慢?)しましたが、親バカの評価では、もしかして「天才」?・・・と思わしてくれます。
鈴子ママからは、常々、子供の自慢話だけは書くな!
と叱られていますが、今回もバカ父親の独断で失礼いたします。

陽介君の凄いところは、教えていないのに、自分で本を読んで勝手に、数学を理解していくところです。
教えていないことを、自分で理解していく傾向が「英才」ではなく「天才」の匂いを感じるところです。
公文教室には2年ほど前の4才から通っていますが、「幼児クラス」での進達度が早いので、先日の認定試験で、全国で数名しかいただかなかった優秀児合格をいただきました。
公文の勉強は、テクニックだけでも進達できるので、理解度は低くても、特訓のように練習させた、「なんちゃって?優秀児」がトップクラスには案外いるそうです。
陽介君は、ほとんど自力で理解を進めて、一人で黙々と問題を解いています。
担当教室の先生のお話でも、希にみる「英才」だと思われるので、
「灘校、東大コース」ではもったいない!・・・とお褒めの言葉をいただいています。

陽介君は昨年秋に、陽香、陽平が通った「芦屋みどり幼稚園」から「芦屋インターナショナルスクール」に転園して、一般の幼稚園児の年長にあたるクラスに通園しています。英語だけの生活にも、やっと慣れてきたようで、自宅でも時々、英語で会話してくれます。
学習塾では、「浜学園」の小学1年生のクラスに特例で通学させてもらっています。
前回の「公開テスト」では見事に、1番をとってくれました。
お兄ちゃん、お姉ちゃんには申し訳ありませんが、
陽介君は数学で、現在、3次式の因数分解をしてます。
先日も、僕のところに来て、
「父さん、フィボナッチ級数パスカルの三角形を知ってる?」
と尋ねてきました。
偶々知っていたので、内容を書いて上げると、何と、すでに理解しているではありませんか・・・まさか!(驚)
嬉しくなって、昨日は陽介君をジュンク堂書店に連れて行って、
数学と理科の本を10冊も買ってしましました・・・
バカ親の典型です。
これは、もしかして、「オイラー」や「ガウス」「パスカル」になる可能性があるやも・・・???

先日まで何とか陽介君の質問にも答えられていた鈴子ママも、最近では難しくなってきた因数分解の質問に困り、陽介君の質問から逃げ回っています・・・(笑)
仕方ないな~~、ここは、父親が奮起して、
ボストンのMITに進学させて、プリンストン高等研究所へ進ませるか・・・
目指せ「フィールズ賞」
親バカの「夢想」は膨らみます。

img_2688

ちなみに、陽介君の将来の夢は
「数学者」「医師」「消防士」そして「郵便配達」
になることだそうです・・・(笑)

<健康業界、緊急内部告発>無料試聴キャンペーン

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら

ダイヤモンド経営者倶楽部:臨時6月例会

img_2688

昨夜は、久しぶりにダイヤモンド経営者倶楽部の例会に出かけて来ました。
というのも、講師が在日華僑の重鎮とうかがったからです。

「華僑」といっても新旧、上から下まで幅広い呼称である。
中でも陳家、劉家、周家、とう?家、許家というのは五大華僑といわれ、それぞれが時の権力者の周りで一大勢力として存在感を示してきた大家族。

陳家はマネー。劉家は軍というようにそれぞれが専門家一族となっているため、時の権力者といえど一目置かずにはいれないそうです。そして許家は外交。つまり政治経済のロビイスト的な活動かと思われます。
その許家の筆頭が、昨日の講師で
許 平和 氏です。
1954年香港の名門華僑許家の長男として誕生。12歳で神戸に移住。
米国ボストンのバークレー音楽学院で作曲を学び、卒業後はハリウッドで音楽プロデューサーとして活動。
日本に帰国後は国内外で音楽制作や番組制作に携わり、現在は大阪在住。
様々な国の政治家や経済人、貴族と交流があります。
ネットチャンネルKYOを開設されて、情報発信を続けられています。
奥様は日本人。息子さんは、最近アメリカ留学から帰国してアニメ関係の会社で活躍されています。
「世界で日本が一番安全だから」日本に住んでいるそうです。

講演の内容は、政治から文化の多義にわたり、交友関係の広さには驚かされるばかりでした。
過激な内容も多く、このコラムで御紹介するのは躊躇っておきます・・・(汗)

マカオの「カジノ」を統括していることで著名な「馬家」は従兄弟にあたるとのことです。
馬家は昨年だけでも、マカオに1兆5000億円の納税をされたとのことで、潤ったマカオ特別行政区は56万人の国民に対して、一人当たり8万円の還付を行ったそうです。
華僑ですから、当然中国とのパイプは強大で、故:とう?小平氏をはじめとする中国政府要人との親交はもちろんのこと、
米国のラムズフェルド:元国防長官や、イランのアフマド家、その他CIA、MI6などの諜報機関の要人から、各国のギャングまで、巨大な人脈を持たれています。

講演の後も、深夜まで歓談におつき合いいただきました。
今後もプライベートにおつき合いいただけるようですので、「裏社会」の見聞を拡げていきたいと思います・・・(笑)

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら

官僚・電力会社による停電テロ:原発再稼働ありきのシナリオ

まともな良識があれば、判断できることも、利権がからむと、責任はたらい回しで、既得権益は維持する・・・
TV番組ですが、良識ある構成だと思いました。

良くまとめられているので、一見の価値があると思います。

東京で電気が足りるのに関西で足りないのはなぜだかわからない(前編)

東京で電気が足りるのに関西で足りないのはなぜだかわからない(後編)

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら

最近、政治がパロディになっていませんか・・・?

img_2688

消費増税については、2009年8月総選挙での最大の争点になりました。
自民党は消費増税を提案し、民主党は「消費増税の前にやることがある」ことを主張しました。

「消費増税の前にやることがある」
というのは、具体的には「天下りとわたりの根絶」だ。
これを野田佳彦氏は「シロアリ退治」と表現しました。
「シロアリ退治なき消費増税阻止」
これが、民主党が主権者国民と交わした「マニフェスト」という契約書に記載された約束であります。

次の動画を見れば、政治がパロディーになっています。
まるで、ドリフターズのコントの乗りです。

野田総理 「マニフェスト 書いてあることは命懸けで実行」

岡田幹事長「私達の魂がこもったマニフェスト」

天下り分の「12兆円」の既得権益は絶対に無くさない!
それでも国家予算が足りないから同額だけ増税したいので、消費税上げさせろ!
さもなければ、医療を荒廃させるぞ! 電気を止めるぞ!
と、国民が官僚に恐喝されています。
政策を実行するのは官僚です。
いくら国会で法案が通過しても、実施のスケジュールを立てるのは官僚です。
法案はどのようにも解釈できるように、官僚が「玉虫色」に見事に作文してあります。
東北大震災の復興予算19兆円も法案としては通過しています。
しかし、実際には官僚が止めているので、全く現場にはお金が届いていません。
法案を実のあるものにするのか?
骨抜きにするのか?
全て、官僚のさじ加減一つです。
政治家も官僚には逆らえません。
官僚とマスメディアの世論誘導の暗躍に逆らえないのは、分かります。
それでも、もう少し「気骨」のある政治家はいないのでしょうか?
自民党、公明党も似たようなものです・・・
橋下市長でも、経産省と関電から「電気止めるぞ!」と恐喝された中小企業からの突き上げで「骨抜き」です。

代議士ですから、誰かの「利益代弁者」であるのは当然です。
地元選挙民でもなく、もちろん官僚でもなく、利潤追求企業でもなく、
国家として、きちんと外交と戦略を考えられる政治家が、我が国にはいないのでしょうか?

大声を上げて、堂々と演説で「その場かぎりのウソ」を吠えまくり、選挙を切り抜ける政治家を、自分の子供達にどのように紹介すればいいのでしょうか?
メディアの声は「国民の声」ではありません。
世論調査の数字も「捏造」されたものです。
国民の声は「インターネット」にしか反映されていません。

読者の皆様も、そろそろTVニュースや新聞を無視して、インターネットで探せる良識ある情報に耳を傾けてはいかがでしょうか?

僕がフォローしているメルマガは有料ですが・・・

新 恭(あらた きょう)「国家権力&メディア一刀両断」

天木直人のメールマガジン「反骨の元外交官が世界と日本の真実をリアルタイム解説」

植草一秀の「知られざる真実」

その他にも二三フォローしていますが、上記の有料3冊が読み応えがあります。

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら