Archive for 12月, 2011

雪の高野山へ・・・(前編)

img_2688

2011年の締めくくりに、
雪の高野山へ出かけました。
親友の志水君と2人旅です。
学生の頃には、このコンビで四国霊場八十八寺の巡礼もしました。
巡礼の締めくくりも高野山でした。

芦屋を朝に出発して、まずは高野山の麓の橋本市にある
「木間暮」という、本格石窯のピザを楽しめるオープンカフェに立ち寄りました。
橋本市内から、2m幅の山道をクネクネ数キロ・・・
軽自動車の対向も不可能な小径です。
ムーミンで崖下転落寸前・・・インディジョーンズ並みの秘境ドライブでした・・・(笑)
下界を見下ろしながら
囲炉裏をかこんで、マスターの手作りピザのコースを楽しみました。
リフレッシュした後は、一路、高野山を目指すはずでしたが、
にわかに、風が強くなってきて、雪雲がモクモクと・・・(後編へ)

img_2688

img_2688

img_2688

img_2688

img_2688

img_2688

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら

雪の高野山へ・・・(後編)

img_2688

麓の橋本市で観光協会に問い合わせたところ
高野山は積雪30cm以上で路面は完全凍結の情報でした。
ノーマルタイヤのムーミンでの強行は諦めて、橋本駅前に駐車し、電車とケーブルを乗り継いで登りました。

img_2688

宿坊は一条院を選びました。
高級旅館並みの素晴らしいお寺です。
ただし、暖房の効いている部屋以外は、マイナス三度・・・
吐く息がどこまでも白く拡がります。
精進料理はボリュームたっぷりのフルコース
夕食後に壇場伽藍まで、雪のなかを散歩へ

img_2688

ライトアップされた根本大塔は、さすが世界遺産だけのことはあります。
「自ずから」「然るべく」「あるがまま」
すべての現象は「中立」・・・意味づけしているのは自分自身の「心のあり方」と知らされました。
就寝前には、般若心経の
写経をしながら、「自由自在」の意味をかみしめました。

img_2688

翌朝は、幻想的な雪景色のなかを、一時間半を掛けて「奥の院」へ
お地蔵様も鼻から「氷のつらら」が・・・
奥の院の霊廟には現在も空海が禅定を続けているとされています。
維那(ゆいな)と呼ばれる仕侍僧が衣服と二時の食事を給仕していますが、今回、偶然に維那(ゆいな)の一行と境内で出会うという御縁を頂きました。
清々しい気持ちで締めくくることができて至福の1年になりました。

自由自在に豊かな心で生きる・・・
来年が楽しみです。

img_2688

img_2688

img_2688

img_2688

img_2688

img_2688

img_2688

img_2688

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら

我が家のクリスマス

img_2688

今年の我が家のクリスマスは
子供達の「手作りケーキ」でした。

生クリームとチョコクリームの2種類
作製30分
完食まで3分足らず・・・

柔らかいクリームにマーブルチョコ????
の食感は、
想像にお任せします・・・(汗)

img_2688

img_2688

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら

12月の休日: 二つの記念館

img_2688

12月の休日は、
司馬遼太郎記念館
手塚治虫記念館
に出かけてきました。

司馬遼太郎記念館は、上機嫌のお天気で、
12月の遅い紅葉が楽しめました・・・
特別展示は「坂の上の雲」で、日本海海戦を克明に振り返ることが出来る内容でした。
僕は、サポート会員に登録していますので、毎年数回は訪れます。
毎年2月12日司馬遼太郎先生の命日に催される、「菜の花忌」のイベントにも出来るだけ参加しています。
いつか、自分で書きたい「プチ街道を行く」・・・
司馬先生のご自宅跡地で、知的な興奮に静かに浸れるひとときです。

img_2688

img_2688

img_2688

宝塚にある手塚治虫記念館には長女の陽香さんと2人で出かけました。
最近、陽香さんは、マンガにはまっています・・・
特に、ブラックジャックがお気に入りです。

父親が天才外科医のブラックジャックと重なって見えるのでしょう・・・(笑)
手塚治虫記念館では、オリジナルのマンガが読み放題です。
陽香さんは3時間以上、精読、精読。
これくらい勉強のテキストが精読できれば・・・
自分が敬愛する手塚先生の記念館が、近くにあることは幸せなことだと本人も感じているようです。

最近は手塚治虫公式サイトにマンガの投稿を続けているようです。
ペンネーム「マアちゃん」さんです。
場面の設定がオリジナルなので、親バカながら感心しています・・・

img_2688

img_2688

img_2688

img_2688

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら

検察とメディアが低レベルである事実

僕は、いつも日本のメディアは当てにならないから、ニュースなども見るだけ無駄だと提言しています。
真実を知れば知るほど、馬鹿らしくなります。
検察もお粗末そのものです。
自分が取り調べを受けたら、「でっち上げ」で晒し者になると考えるだけで、ゾッと!!!します。
権威と権力に呆けた、ヒステリー集団とは関わり合いたくないものです。

以下、検察のお粗末さを暴露した、前田元検事の証言に関するコラムを転記しておきますので、知的に興味のある方はお読みください。

永田町異聞メルマガ版
     
      「国家権力&メディア一刀両断」 2011.12.22号

                         
                  新 恭(あらた きょう)

————————————————————

  前田元検事が暴露した小沢捜査の妄想

———————————————————————-
「私は受刑中で社会的にはすでに死人です」

東京地裁の法廷で、検事の地位から罪人に転落した男は、捨て鉢なその言葉を
甲高い声で吐き出した。

村木冤罪事件で、証拠のフロッピーを改ざんした大阪地検特捜部の元検事、前
田恒彦。

どういう手練手管を使うのか、供述引出しに長け、当代随一の「割り屋」とい
われる検事だった。

小沢一郎をターゲットにした陸山会事件の応援に東京の特捜部から呼ばれたの
も、その腕を見込まれたからだ。

前田の眼から見た東京地検特捜部の小沢捜査はどんなものだったのか。法曹資
格を失って、もはや古巣に遠慮することもなく、守るべき地位や名誉もない男
の口から、何が飛び出してくるのか。

12月16日の第10回公判は、証人として法廷に呼ばれた前田に対し、検察
役の指定弁護士、小沢側弁護人の双方が尋問するはじめての機会だった。まさ
に小沢裁判のヤマ場である。

その成り行きは、想像以上に波乱の様相を呈した。陸山会捜査の欺瞞的本質を、
かつて内側にいた男が暴き出す、前田独壇場の一幕となった。

大半の検事が無理筋と知っていながら突き進んだ捜査だということも彼の証言
ではっきりした。

特捜部長ら数人の幹部だけがやる気満々で、その他多くの検事が捜査に疑問を
抱いて士気も低下していたにもかかわらず、いったん始めたがゆえに引き返す
ことができなかったのだ。

まさに、戦前の日本軍から戦後の霞ヶ関に連綿と受け継がれている日本的組織
特有の「失敗のDNA」がここにも表れた感が強い。

当初、最高検は前田を証人として出廷させることをためらった。その理由につ
いて、前田が法廷で語った。

「陸山会事件の捜査では検察のやり方に問題があったと私は思っているが、法
廷では偽証ができないので、聞かれれば、そのまま思っていることをすべて答
えることになる。そうすれば、どんな話が出てくるか予断を許さない状況にな
る」

検察は、前田の証言になにがしかの恐れを抱いていた。当然、検察という組織
について不利になることをバラされたくないという思いが検察トップにはあっ
ただろう。

前田にしてみれば、保身のために口をつぐむ必要は、もはやない。雄弁に法廷
でしゃべり続け、前田の独壇場のようになったのは、復讐や悔恨の入りまじっ
た彼の感情が一気に解放されたせいかもしれない。

筆者がこの小沢裁判第10回公判で、最も関心を持ったのは、前田の眼のスク
リーンに映った小沢捜査というものが、どのようであったかということだ。前
田の口からその一端が語られるかもしれないという期待感が強かった。

果たせるかな、思った通りの展開になった。検事であった人物が、自分も捜査
に加わった事件についてこれほど赤裸々に語ったことはかつてなかったはずだ。

そこで、筆者はこの日の公判で前田が語った内容をもとに、いわば内幕ドキュ
メントを組み立ててみることにした。

物語は、石川、池田に続いて大久保と、3人の元秘書が逮捕された2010年
1月16日ごろから始まる。

週末というからおそらく大久保が逮捕された16日の土曜日だろう、大阪地検
特捜部に出勤していた前田は、大坪特捜部長の部屋へ呼ばれた。夕方というこ
ともあって、大坪部長、佐賀副部長はビールを飲んでいた。

大坪は「まあ、まず一杯」と、前田にビールをすすめたあと、「すまんが東京
へ応援に行ってくれ」と切り出した。前田には大阪でやるべき仕事があったが、
上司の命令には逆らえない。

陸山会への捜査規模拡大にともない、1月20日、前田を含め全国から20人
の検事が東京地検10階の事務課に集合した。全員で佐久間特捜部長、吉田副
部長にあいさつまわりをした。

吉田副部長の部屋では前田一人が残され、ソファーに差し向かいに座った吉田
から「大久保の取り調べをやってもらう」と言われた。

木村主任検事からは「この件は特捜部と小沢の全面戦争だ。小沢をあげられな
ければ特捜の負けだ。恥ずかしい話だが、東京には割り屋がいない。だから大
阪に頼ることになった」という話があった。

自信家の前田としては、こう持ち上げられたら悪い気はしなかっただろう。そ
れでも多少は東京特捜部への反発があったらしく、16日の法廷で本音が漏れ
た。

前田が当時、大阪の事件の内偵を抱えていたことについて小沢側弁護人から
「東京地検特捜部は大阪地検特捜部の捜査を中断させても応援を取るような上
位にあるのですか」と聞かれると、こう言った。

「本当にふざけるなという感じですよね。大阪は厚労省事件があっても東京か
ら応援を借りることはないのに…」

こんな経過があって、前田は大久保の取り調べに着手した。そして、すぐに分
かったことがあったという。

「(小沢氏の)4億円はどこから来たのかいろいろと(他の検事らに)聞きま
した。5千万円は水谷建設、1億円は○○建設などと筋を描いていました…た
だ、業者を調べる担当検事らは、うまく裏献金の話を聞き出せていないと感じ
ました」

収支報告書の記載の件などはどうでもよいというのが特捜部の本音で、捜査の
重点は裏金に絞られていた。しかし、現場の検事は立件の困難さを感じていた
ようだ。

「裏献金で小沢先生を立件しようと積極的なのは、佐久間特捜部長や木村主任
検事など一部で、現場は厭戦ムードでした」

小沢の事情聴取が1月23日に行われ、木村主任検事が担当したが、不首尾に
終わった。ますます特捜内部の空気は悪くなる。

「最初に、主任検事が小沢先生を割れませんでした。主任が負けて帰ってきた
のに、そんな主任のもとで頑張ろうとは思いませんでした」

前田ははじめから、この捜査の見立てに疑問を持っていた。

「もっと小沢先生周辺や奥様の資金周りを調べるべきだと思いましたが、それ
ができていなかった。4億円が企業からの献金と『妄想』する人もいたが、正
直ついて行けなかった」

「小沢先生周辺や奥様の資金周り」という言葉に筆者は注目した。

小沢は元赤坂の個人事務所の金庫にあった4億円について記者会見でこう説明
している。

「湯島の自宅を売却して深沢に自宅を建てたさいの差し引き残金約2億円と、
家族名義の口座から引き出した3億6000万円、計約5億6000万円の一
部だ」

この説明に辻褄が合うかどうかは、小沢や和子夫人の通帳、銀行資料、土地建
物の売買契約書や謄本などの資料を調べれば分かるはずで、検察がここに問題
を見つけることができなかったがゆえに、捜査に行き詰まったことは明白だ。

強制捜査に着手する前に、そのあたりをよく調べておくべきだったというのが
前田の言っている「小沢先生周辺や奥様の資金周り…」の意味ではないかと推
測できる。

だから佐久間特捜部長から「大久保はどう?」と聞かれたさいに、前田は「頑
張ってみますけど難しいです」と答え、小沢立件は無理であることをほのめか
した。「小沢先生まで行くことはないと思った」と言う。

大久保は自分への企業献金があったという話はしたが、小沢への裏金について
は「コンクリートの塊」と前田が形容するように固く否定したようだ。

石川議員の取り調べについて、前田は担当の田代検事から聞いたことを次のよ
うに証言した。

「石川さんが陸山会と関係なく、ウナギの養殖業者から賄賂をもらったという
話があって。実は贈収賄にはあたらないんですけどね。それを贈収賄として調
書を取って、『(収支報告書の)虚偽記載を認めなければ考えがあるぞ』と
(吉田検事が迫った)。それでも石川さんは頑張った。田代検事も『あいつ
(5千万円を)受け取ってないんじゃないか』と話していた」

前田は、小沢裁判が始まる前、前田を証人として申請した検察役の指定弁護士
と会って、事前の打ち合わせをしたという。

「ざっくばらんに、捜査の問題点を含めて申し上げた。『私は小沢さんが無罪
だと思う』『指定弁護士も職務上大変ですね』と。捜査にいろいろ問題があっ
たことも言いました」

実はこのあと、第10回公判におけるもっとも重要な発言が飛び出す。

「証拠隠しのことも…言ったかな? 言わなかったかな?」

当然、小沢弁護人は「証拠隠しとは何か」と質問する。前田の口からは待って
ましたとばかりに、以下の言葉がほとばしった。

「裁判では検察審査会の議決が妥当だったかどうかも審理されますよね。そこ
で検察の資料として検審に提出されるもので、証拠になっていないものがある
わけですよ。」

「石川さんの調書に問題があったんじゃないですかね。石川さんの調書には弁
護士からのクレーム申し入れがたくさんあるんです。それが証拠に含まれてい
れば、審査会が見て、調書の信用性は減殺されるわけですよね…裏金を渡して
いるという検察の想定と違う取り調べ内容は、証拠化しないんです」

「4億円のうち5千万円は水谷かもとなっても、残りの3億5千万円は分から
ない。何十人の検察官が調べて、出てこない。検審にそれが示されれば、水谷
建設の裏献金の信用性も、減殺されていたはず」

要するに、検察が石川の供述調書のうち、弁護士からクレームのついたものな
ど、小沢サイドに有利に働く証拠を隠さずに出していれば、検察審査会の判断
も「起訴相当」議決にいたらなかった可能性があると前田は言っているのだ。

そして、こうしたやり方は小沢に対する捜査に限らない、すなわち検察の習性
だということを以下のように語った。

「想定に合わなければ証拠にならないというのがこれまでの検察で、私も感覚
がずれていて、厚労省の(証拠改ざん)事件を起こすことにもなった」

前田自身も村木冤罪事件で、特捜部の想定に合う証拠だけを集めようと躍起に
なり、そのあげく、罪を犯してしまったことを悔いてみせることで、検察の集
団妄想的な組織特性を告発したといえるかもしれない。

ところで、「4億円の裏金は一部検事の妄想」とする今回の前田元検事の証言
は、政権交代直前の最大野党党首を狙い撃ちした無理筋の国策捜査であること
を本質とする小沢裁判にとって、きわめて重大、かつ具体的な告白である。

にもかかわらず、主要新聞各紙はどこも、ほとんど目立たない扱いであったし、
テレビでも短いニュースは流れたものの、報道ステーションやニュース23クロ
スなど夜の報道番組は取り上げていなかったと記憶する。

巨額の裏金が動いたことを隠ぺいするため小沢事務所が虚偽記載したというス
トーリーを検察の尻馬に乗って吹聴してきたマスメディアは、裁判の過程で捜
査着手当初の報道と違う重要証言が飛び出した場合にはしかるべき扱いで必ず
フォローし、読者、視聴者に広く知らせてイメージの修正をはからねばない。

そうでなければ、初期段階における捜査の間違った想定が長期にわたって世間
の隅々にまでこびりつき、最悪の場合は人を不当にも社会的に抹殺してしまう
ことになる。
———————————————————————-

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら

ドリーバーデンの救助にニコレイで駆けつけました。

img_2688

12月10日といえば「月食」でしたね。
北半球の夜が長くなる「冬」で、月が太陽の反対側にある「満月」のときに、観察されやすい「月食」です。
学生時代、「地学」は大好きでした。

太陽、地球、月の位置関係が、すっきりと頭にうかぶ「自分の頭」を、少し見直して褒めてあげたくなった夜でした。

img_2688

ドリーバーデンは、使用目的の性格上、1ヶ月に一度、出動するかどうか?
という状況です。
ソーラ発電を装備していますが、さすが冬の寒さはバッテリーには酷です。
駐車場は芦屋の岩園小学校の上にあります。
半月に一度、エンジンだけを掛けに出向いていますが、日に日にバッテリーが弱っていくのが分かります。
ドリーバーデンには「バッテリーガード」という機構が備わっています。
バッテリーが弱っても、エンジン始動の分の電力だけは、温存する回路です。
すなわち、時計やその他の基本的電気回路にも一切電力を回さないように遮断する仕組みのようです。
12月10日の早朝もオープンのニコレイで駆けつけました。
「バッテリーガード」のスイッチを捻り、今回も、かろうじてエンジンだけは始動しました。

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら

当院の<秘密のクリスマス会>

img_2688

当院は、「忘年会」はやりません。
過去を振り返って、ぼやき合うことでは何も進歩しないと考えるからです。
新年会はしっかり準備して盛大に行います。
その代わりといっては何ですが・・・
毎年、12月に入って直ぐに、総支配人の自宅でプライベート「クリスマス会」を催します。
今年も20名以上のスタッフが参加して盛り上がりました。

img_2688

お鍋が2種類
鉄板焼きコーナーでは、焼肉やら焼きそばやら・・・
お祭りの屋台よりも充実しています。
主婦チームが手際よく、ドンドン料理してくれます。
お酒も、ボジョレーやらシャンパンやら梅酒など、
バラエティに富んで、何でも揃っています。
もちろん飲み放題!食べ放題!で、参加費はプレゼントの600円のみ!

img_2688

全員が「600円」のきまりでプレゼント用意して持参しました。
大きな輪になって、音楽に合わせて、次々に隣りにプレゼントを回しながら、シャッフルします。
音楽が止んだ時に自分の手にあるものが貰えます。
みんな、よく600円で。これほど豪華なプレゼントを準備できるものだな~~
と感心しながら、僕がゲットしたのは、可愛いスノーマンの御菓子詰め合わせでした。
僕が用意した「オリーブオイル石鹸」は誰がゲットしたのかな~~?

img_2688

img_2688

img_2688

「お楽しみゲーム」は、
全員が匿名で「他のスタッフへのシビアな質問」をカードに書いて入れます。
質問された当事者は必ず返答しなくてはいけないルールです。
例えば
「マネージャーの初恋は?」
「Ben先生の貯金額は?」
等、とにかく、冷や汗もののシビアな質問ばかりでした・・・
えっ! 返答の内容ですか・・・???
勘弁して下さい・・・(汗汗)

img_2688

極めつけの、ショータイムは
可愛いサンタのヤングガールペアと、これまた可愛いトナカイさんの
「少女時代:Gee」でした。
振り付けも完璧、可愛さは「予想外です!!!」
このコラムに動画がアップできないのが、本当に残念?ですが・・・
勤務終了後や、休日返上で練習して準備してくれたようです。
おじさん総院長としては・・・嬉しくて、感涙、感涙
でもって、鼻の下はベロ~んと・・・

今年も、楽しかったね!
皆さん、大晦日まで、スパート、スパートで張りきっていきましょう!

img_2688

img_2688

img_2688

img_2688

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら

Dr.Benの梅田ビジネス散歩

img_2688

大丸松坂屋梅田店の店長で会社の執行役員でもおられる
村田壮一様から面談の申し出がありましたので、昨日は
株式会社ドクターベンの代表取締役として、梅田に出かけて来ました。
今後のショップ展開について貴重なアドバイスをいただきました。
村田様初め、梅田店の管理職の皆様、ありがとうございました。

もちろん4階のショップにも顔を出して、スタッフを励まし???
て来ました。スタッフは励ましの言葉よりも、何かスイーツでも手土産に下げていった方が喜ぶことは十分に承知はしていますが・・・
気が利かなくて、御免なさいね・・・(謝)

img_2688

大丸松坂屋梅田店では、Dr.Benのショップは4階ですが、広告スペースは5階にも展開しています。
5階はヤングの女性のフロアですので、Dr.Benオリジナルコスメではなく、韓国から輸入販売している「SEP」というブランドを展示しています。
韓国の有名メイクアーティストがプロデュースしたもので、
メイクのフルセットで10000円前後という、お手頃価格の優れた商品です。
ディスプレイも少し華やかにアレンジしてみました・・・

img_2688

img_2688

img_2688

梅田店の上層階には「東急ハンズ」があります。
もちろん、ドクターベンは東急ハンズでもお取り扱いして頂いておりますので、観に行ってきました。
12階のコスメコーナーに、発見!!!

頑張れ、Dr.Benの子供達!
皆様に可愛がっていただくんですよ・・・
売れればよい!・・・等とは決して思っていませんので誤解なさいませんように・・・(笑)

img_2688

img_2688

img_2688

ルクアには開業以来、一度も出かけたことがありませんでしたので、
ついでに、調査?に向かいました。
大丸に比べて、スペースが狭く、ディスプレイの品質も高くない・・・とすこしガッカリしました。
それだけ、大丸松坂屋のスペースデザインとディスプレイが素晴らしいことを、あらためて再確認させられました。

img_2688

ルクアの10階のグルメフロアでランチをしました。
縁鳥:えにしどり」という、奈良からの出店を選びました。
親子どんぶり&にゅうめんの定食
「奈良に旨いものなし」と評されて、苦々しい思いをしていた奈良のお店が、今年のミシュランガイドで見事に「リベンジ」を果たしたニュースが耳に残っています。
カジュアルなチェーン店ですが、「縁鳥」さんの大和肉鶏も、
満足の味とサービスでした。
「奈良は旨し!」・・・あなどれませんよ。

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら