img_2688

今から、10年前
長女の陽香を妊娠中に我が家にやってきた、フィアットのパンダ
ジウジアーロ・デザインの、本当に「可愛い」という言葉がピッタリの車でした。

ナンバーは神戸 2647
丁度、親友が医学部を再受験するときに納車され、
「二浪しな:ニローシナ」
とは、縁起悪いな・・とクレームされたのも、懐かしいです。

神戸ナンバーのパンダは
赤ちゃんの陽香を乗せ、日本中を走りました。
はじめてヨチヨチ歩いた、御殿場のホテル
四万十川の沈下橋の風景にも、パンダはピッタリ

まだ、若かれし頃の父さんは、いつも床までアクセル全開・・・
高速では170km/hキープ。
ホイール、マフラー、ショックアブソーバー・・・すべてチューニングされています。
パンダは嫌な顔ひとつせずに、いつも、御機嫌でした。
故障らしいものも皆無

その後、家族がドンドン増えた我が家の歴史を全部知っているパンダ
家族全員が、お尻に、パンダのシートの感触を覚えています。

自宅の車が、大型に代わり、クリニックの駐車場で、保管しながら、時々、社用で、コンシェルジュの古賀君が、使用してくれていました。
この度、クリニックにキャンピングカーの「ドリーバーデン」がやってきて、社用車を2台も維持することが困難に・・・

img_2688

10年間の間に、フルモデルチェンジされ、こんなに可愛い車が、世の中から無くなりつつある、この時世・・・
何とか手許で維持して、子供に引き継いであげたいと考えていましたが、贅沢ばかりもいえません。
子供が免許をとるまであと8年間・・・立派なビンテージカーとして維持することは、難しいと判断しました。

幸い、車が大好きな、人から、求められて、次のオーナーのもとへ・・・

愛車を手放すのは、本当に辛いことです。
嫁ぐ日の前に、家族全員で、パンダに「ありがとう」を言いに行きました。

久しぶりの再会に、パンダも子供達も、嬉しそう。
目頭がジーンと熱くなります。

さよならパンダ
そして
ありがとうパンダ

陽香が免許をとるまで、現役なら、また再会しよう。
必ず、探すから元気でいてね・・・

img_2688

img_2688

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら