Archive for 12月, 2008

2008年も、色々ありがとうございました

大晦日です。
今年も例年通りに、ベンクリニックの年末は
脂肪吸引
豊乳
フェイスリフト
などの、いわゆる「メスを使う手術」の連続で締めくくられました。

2008年は、自分も50歳をむかえた印象深い1年でした。

6年前、勤務医から、大学病院の医師に戻るか?
それとも、現行の医療体制から離れて、自分が納得できる医療を行うか?
の選択を迫られました。

現行の医療には「NG」でした。
何か違う・・・
医師は病気(正常から明らかに解離した状態)しか、扱わない、特殊な業種になっている・・・
ある意味で
「病気をつくり出している」

しかし、多くの人が望んでいるのは、
「健康感をともなう、豊かな人生」
ではないのか・・・

医療側にニーズの受け皿がないので、
多くの人が、根拠が乏しいものが、含まれる
「いわゆる代替医療」
に、ケアを求めてしまう・・・
まともなレベルの「代替医療」ならまだしも、
多くは、「商業主義」「市場原理主義」による、
「お粗末極まりない代物」にすぎません。

健康長寿は人生の目的にはなり得ない・・・
健康は人生を豊かにするための、一つの手段でしかない・・・
実際には健康でなくても、
「健康観を持って豊かな人生を送ること」
「素敵に年齢を重ねること」
こそが、求められていると考えました。

そこで、自分の信念から、出てきた
「新しい医療形態」
それが、
「MENA」です。

MENAの基本概念は、
人生を豊かにする要素を
「健」「癒」「美」
の三つ分けて、
それぞれに携わっている、専門家どうしが手を取り合って、
一つの輪「MENAリング」を作り、
一人のゲスト(受け手)を、取り囲んで、
受け手の人生を豊かにするのを目的に、
知恵と技術を統合して提供することです。

「健・癒・美」を受け手の人生に合わせて、最適に統合しながら提供する。

僕自身は、学生時代に右肩を亜脱臼して以来、1年に何度か、
酷い右肩関節の痛みとだるさ
に襲われます。
「肩ごと新品に交換してほしい・・・」
と、考えるほど辛いものです。

整形外科では、何時間も待って、数分の治療(ステロイド局注)
代替医療では
温熱療法
経絡の鍼灸とプラセンタツボ注射
アロマオイルによる様々のセラピー
整骨院での整体手技で関節矯正
自分では、
消炎鎮痛剤の外用・内服
そして、痛みのない肢位での固定・・・

それぞれに、それなりの効果はあります。

僕の「肩の痛み」病気ではありません。もちろん医学的に精査しても、疾患と呼べるほどの異常でもありません。
しかし、健康観は大きく損なわれ、辛さは、「仕事ができない」ほどです。

ところが、「異常が僅かでも、大きく健康観が損なわれた状態」に、本気で向き合ってくれる
「医療」
が、現行では存在しません。

上記の、全てのセラピーの担当者が
「自分の立場からの主張」
を、個別に与えてくれるだけです。
バラバラです・・・
すなわち、
医療を受ける「人」が中心ではなく
医療を与える側の「都合」で振り回されている気がして、落胆します。

<健>
抗加齢医療・補完代替医療・分子整合栄養医学に基づく生活指導
漢方・経絡等の東洋医療や整体を取り入れたケア
<癒>
エステティック・伝統セラピーを軸にした、過剰ストレスのケア
<美>
社会的存在としての身だしなみ、「人は見た目が90%」をケアする、
美容医療・スキンケア・ヘアメイク・育毛増毛・ネイルケア・・・etc

2009年の<ベンクリニックの目標>は、
美容医療
抗加齢医療
補完代替医療
の単純な集合体である
「MENAを目指すクリニック」
ではなく、

<健・癒・美>
が、一つの輪で統合された、
「真のMENAクリニック」
への進化です。

1年間のご愛顧に心から感謝申し上げます。
「ありがとうございました」

皆様、どうぞ良い新年をお迎えください。

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら

第3回 日本美容抗加齢医学会:J3A <その1>

学会報告です。

11月30日に横浜で開催された
J3A
という学会で勉強してきました。

プログラムにしたがって1セクションごとに5回に分けて、コメントをアップしていきます。
まず<その1>として、

パネル1:肝斑治療のための戦略
 6年前に開業した当時は、
肝斑には光・レーザーなどの治療は禁忌
だとされていました。理由は
肝斑の原因は分かっていない。
肝斑は刺激で濃くなってしまう。
など、ですが・・・
僕自身は、開業当時から、肝斑にも積極的にフォトRFやジェントルレーズによる光・レーザー治療を取り入れていました。
当時は、リスクがあることをして「バカな奴」と揶揄されたりしましたが、
痂皮をつくるほど強く照射しなければ、薄くできることが実感できていたので、積極的に照射していました。マイクロスコープで肝斑を観察していた経験と臨床医としての理論構成から、

僕の持論は

”肝斑は真皮にある特殊な血管(動静脈吻合)の不可逆的な異常が主因”

というものです。
すなわち、
①肝斑は左右対称に出る:
 血管走行や神経分泌などの解剖学的な要素が関与していると考えます。
②肝斑は刺激で濃くなりやすい:
 真皮内にある動静脈吻合の異常による、血流分布の変化を疑います。
③肝斑は慢性の刺激が主因をいわれています。
 慢性刺激のない状態でも、発症・増悪をすることもあります。僕は、急性・慢性を問わず、ある刺激が、不可逆性の血管の異常を引き起こしたことが、主因と考えています。
すなわち、毛細血管レベルではなく、
自律神経支配が存在する程度の太さを有する、
細動脈~細静脈:動静脈吻合(シャント)
などの異常血管が、少しの刺激に対しても、血流量を変化させてしまい、透過性亢進やメラニンの過剰生成をしていると考えています。

したがって、初発時には、慢性の反復刺激は関係しておらず、
むしろ、生下時から存在している、顕在化していない解剖学的な病因
①血管異常②神経異常③胎生期の突起癒合時における異常
をベースにして
遺伝的に「易刺激性」が亢進している時期に、何らかの強い刺激が引き金になり、異常が顕在化して発症するのではないでしょうか。

以上から、僕は、炎症が起こることを押さえながら、真皮の異常血管に対するケアと、メラニン色素そのものを減らす治療を同時に行えば、肝斑は治療できると信じて、次の①から④の治療を続けてきました。

①トラネキサム酸で炎症が起きることを押さえる。
②メラニンにはフォト・レーザーで積極的に治療する。肝斑に重なってあるシミには痂皮ができても構わない。
③異常血管を破壊できる機種を選択する。(フォトRF・ジェントル・Q-YAG)
④破壊した異常血管やメラニン産生細胞が正常組織に分化誘導されるように、イオン導入やメソカクテルなどで、代謝を正常化する栄養素を補充する。

です。

今回のパネルでは、ビックリするほどに、積極的な治療がディスカッションされていました。

「え~~、肝斑は刺激しないで、放っておくのが一番の治療!!と、あれほど、提唱していた、先生方が・・・・」
「手のひら返したみたいに・・・」
「フォト・レーザーを照射している、僕のことを、アホ!!と言っていたでしょう・・・」

僕の憤りはとまりません!!

点滴療法をはじめたときも、同じでしたが・・・

時代が、後で、追いついてくるのかな・・・
と、実感するパネルディスカッションでした。

<その2>へ続く・・・

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら