秋篠宮紀子様がご懐妊ののち、愛読されたとうかがい、興味を持ち読ませていただきました。
昭和13年に書かれた作品ですが、現在の親が忘れてしまっている本当に大切なものを
思い起こさせてくれる名著だと感服しました。
僕も3児の父親ですが、自分が育った昭和と、子供達の平成の「親子関係」の変容が
腑に落ちずにいました。

とにかく、現在、耳にする子育て情報は
「何か違う・・・」
「何か本当に大切なものを忘れている・・・」
「時代が変わったら、親子関係と子育ても変わるのか・・・?」
と悩み続けていました。
著者は
自然の指示にしたがって、その命ずるままをするならば、子供はたしかに健康に快活に
成長すると思います・・・」と述べています。
自然の指示が感知できない親が増えていることが、現在の教育に関する社会問題の
根底にあると思いました。

経営者にとっては、スタッフもまた「おさなご」かも知れません。
対人関係は、豊かな感受性がポイントだと再認識です。
大人の必読書だと思います。[婦人之友社刊]

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら