今回の美容外科学会では以下のような報告があり、「早急に基本手技に
基づいた安全な脂肪吸引を普及させる必要がある」との見解が出ました。

「皮膚が凸凹になり、傷跡が残るケースがある」・・・
「術後は少なくとも数ヶ月の圧迫固定などのケアを要するが、簡単・気軽を
強調するあまり必要なケアを指導できていないケースが多い」・・・
「術後の管理不足が原因の死亡事故も起きている」・・・

欧米では美容外科手術の中で最も多く行われるスタンダードな手術ですが、
我が国では脂肪吸引に対して余りよいイメージが持たれていません。
その理由は、我が国の美容外科発展の歴史に「医療」よりも「ビジネス」主体の
時期があったためです。
過去にレーザーアシストや超音波アシストなどの様々な手法が発表されましたが、
一長一短で結局どれもスタンダードな手術にはなれませんでした。

痩身に取り組んだ結果、全身のウェイトコントロールに成功しても
下腹部・上腕・大腿・頸部などの部分的な脂肪除去が望まれるケースは多いと思います。
当院では「脂肪吸引」を敢えてメニューには載せず、限定的・消極的に行っていましたが、
今後は学会の情報と連動して、積極的に「ベンクリニック品質の脂肪吸引」を
考えていきたいと思います。
見識ある医師が情報を公開し合うことで、患者負担が少なく、安全に効率よく
脂肪吸引が出来る手法・機器が開発されることを期待します。

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

動画再生回数は10万回を超え!

映画へのコメント数は30,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

→今すぐ映画を視聴するにはこちら